読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茶故事

Briant

 

創業2005年のパン屋さん!

値段も手ごろで買いやすい💕

味見も沢山できるので安心です。

 

f:id:ruihappylucky:20170417161717j:image

 

f:id:ruihappylucky:20170417161615j:image

 

前回に続き、お茶ネタです。

唐時代の茶故事を紹介。

 

唐代の詩人蘆仝(lutong)が作ったものだそう。

七碗茶歌というものです。

 

f:id:ruihappylucky:20170419092758j:image

 

一碗飲めば喉や唇を潤し

二碗飲めば心の憂さがはれ

三碗飲めばしおれた詩情が蘇り書物五千巻を得る
四碗飲めば軽く汗がふき出て、日頃のうっぷんがことごとく毛穴から飛び散る

五碗飲めば肌や骨が清らかとなり

六碗飲めば仙界へ通ずる

七碗は飲まず、ただ両脇にそよそよと清風を感ずる。